外泊が増えた夫の浮気調査(調査員1名プラン)




調査内容

依頼者は30代後半の2人のお子さんがいる主婦。40代前半の夫は営業職で元々帰宅するのが遅かったが、最近では夜中過ぎに帰宅するようになり、すれ違いの生活を送るようになった。

ある日、突然夫から「お前とは合わないから離婚しよう」と告げられた。なんで?と聞き返しても「合わないから」と繰り返すだけで具体的な理由もなく、外泊も増えていった。

そこで依頼者は寝ている夫のスマホのロックを解除して見てみると、特定の女性と「早く一緒に暮らしたいね」などというLINEの内容が見つかり、裏切った夫も浮気相手も許せず調査を依頼することになった。

調査方法

依頼者は弁護士に頼んで慰謝料を請求したいとのことで不倫相手と宿泊施設などに複数回の寝泊まりした不貞の証拠が必要と説明。ただ依頼者は弁護士費用もご両親からお借りするので調査にあまり費用が掛けられない。

そこで当社のGPS(レンタル料無料)を依頼者にお渡してご主人の車に設置してもらい監視することに。依頼者には外泊が多い曜日を教えてもらい、外泊日に合わせて調査を実施することにした。

調査結果

話しの内容から女性宅に上がりこんでいる可能性が高かったのでGPSで監視していると、ご主人の車が住宅街に停車。現地に向うとコインパーキングに駐車されている車を確認した。

その日は確認するだけにして後日、本調査として外泊する曜日に合わせてコインパーキングで張り込んでいるとご主人が車で女性と現れアパートの一室に入ったので、暫く様子を見て調査を一旦中断、ご主人の出勤時間に合わせて朝から再開することに。
女性に見送られて出掛けるご主人を確認し、女性宅で寝泊まりしている証拠を撮影した。

調査のポイント

依頼者に帰宅しない曜日をチェックしてもらい、GPSで出勤時間などのスケジュールを把握。

勤務先から調査をすると営業職なので直帰される可能性があり、かといって一日中尾行すると警戒されて証拠が取れずに調査が終わってしまう恐れがあったので依頼者にも協力してもらい1週間通して行動パターンや寝泊まりしているであろう場所を把握することで時間の浪費や空振りなどすることなく、最小限の費用で証拠を3回撮影することに成功した。

調査料金
調査員1名 6,000円×4時間×3日間+経費
合計74,000円(GPSレンタル料無料)



無料相談はこちらから

ひとりで抱えこまないでください。
初めての方でもまずはお気軽にご相談ください。
(24時間受付)

045-332-1236

LINEで相談 電話で相談 メールで相談


 

365日/24時間受付

LINEで相談 TEL