同僚と不倫している妻の浮気調査(調査員2名プラン)




調査内容

依頼者は30代後半の夫。30代前半の妻は都内の大手人材派遣会社に勤めており2人の間にお子さんはおらず、依頼者はそろそろ子どもが欲しいと思っていたので相談すると仕事が忙しいからと子供を作ることを拒否された。

それから妻の態度はよそよそしくなり、帰宅時間も残業といい遅くなることが増えていった。
ある日、何気なく妻のバッグを見ると中から避妊薬やレストランの領収書が見つかり、浮気していると確信した依頼者は調査を依頼することになった。

調査方法

妻の休みは土日祝日で金曜日が残業といい帰宅が遅いので金曜日に調査を実施することに。勤務先があるオフィスビルは地下から駅に直結しており、出入口も複数箇所あるため、朝、出勤時の服装や通勤ルート(事前調査として無料)を確認することに。

通勤ルートやオフィスビルに入る出入口が分かったので調査を一旦中断して退勤から調査を再開。二手に別れ出勤時に利用した地下直結出入口と、タクシーに乗る可能性もあるので1階の出入口で張り込むことにした。

調査結果

妻は同僚とみられる男性と一緒に駅直結の出入口からオフィスビルを出ると電車で移動。繁華街の居酒屋を利用した後、ラブホテルに入ったので証拠映像を撮影。その後、駅で別れたので男性をマークし自宅を判明させた。

調査のポイント

妻の勤務先があるビルは大型複合商業施設で本来、出入りを確認するのであれば最低でも調査員4名は必要だったが出勤時の服装や出勤ルートを確認することで2名での対応が可能になった。

その後、不倫相手は同僚と判明。妻は依頼者と別れて男性と一緒になることを考えていたらしく、依頼者は慰謝料請求と離婚することを決意した。

調査料金
調査員2名×6,000円×7時間(朝の2時間事前調査として無料)+経費 合計87,000円



無料相談はこちらから

ひとりで抱えこまないでください。
初めての方でもまずはお気軽にご相談ください。
(24時間受付)

045-332-1236

LINEで相談 電話で相談 メールで相談


 

365日/24時間受付

LINEで相談 TEL