2023/1/20 浮気調査は対象者を警戒させないことが大事


ご依頼者さんに必ずお願いすることが、調査を依頼したらご自分で色々調べることは控えてもらうようにしている。

理由としては、根掘り葉掘り聞くことによって旦那さんや奥さんに警戒心を持たれてしまうと調査自体が困難になることや、尾けられることがわかっている相手を調査することはできないからだ。

当然、探偵も気づかれないように細心の注意を払って調査をするのだが尾行されていることがわかっていればいくらでも撒くができるし、最悪警察に駆け込めばいいだけである。

探偵業者は公安委員会に届出を出しているので、ある程度の張り込みや尾行をすることが認められているが、気づいている相手に執拗に付きまとえばストーカー規制法違反としてみなされてしまうこともある。

また、探偵に依頼したことに気づけば浮気相手と会うこともやめてしまう方がいるので、肝心の証拠が手に入れることができくなってしまう。

そのため、相手に気づかれるおそれがあれば、探偵にご依頼をした以上は家探しをすることは控えてもらうのだが、なかには我慢ができずに根掘り葉掘り聞きだそうとしたり、自分で尾行してしまう方もいる。

そんなことをすれば、相手は浮気を疑われていることに気づいて、浮気をしている事実を巧妙に隠そうすれば証拠を手に入れることが難しくなり、調査が長引けばそれだけ費用だけが掛かってしまう。

もちろん、ちゃんと理由を説明して納得してもらうのだが、感情的になってしまうと問い詰めをしてしまうようだ。

そのお気持ちはわからなくもないが高い調査費用を払っているのだから、ご依頼をした以上は感情を抑えていただいてすべて探偵に任せてもらいたいものだ。







無料相談はこちらから

ひとりで抱えこまないでください。
初めての方でもまずはお気軽にご相談ください。
(24時間受付)

045-332-1236

LINEで相談 電話で相談 メールで相談


 

365日/24時間受付

LINEで相談 TEL