Survey_Item調査一覧と事例





Plan Example事例とプラン例


外泊が増えた夫の浮気調査(調査員1名プラン)


調査内容

依頼者は30代後半の2人のお子さんがいる主婦。40代前半の夫は営業職で元々帰宅するのが遅かったが、最近では夜中過ぎに帰宅するようになり、すれ違いの生活を送るようになった。

ある日、突然夫から「お前とは合わないから離婚しよう」と告げられた。なんで?と聞き返しても「合わないから」と繰り返すだけで具体的な理由もなく、外泊も増えていった。

そこで依頼者は寝ている夫のスマホのロックを解除して見てみると、特定の女性と「早く一緒に暮らしたいね」などというLINEの内容が見つかり、裏切った夫も浮気相手も許せず調査を依頼することになった。

調査方法

依頼者は弁護士に頼んで慰謝料を請求したいとのことで不倫相手と宿泊施設などに複数回の寝泊まりした不貞の証拠が必要と説明。ただ依頼者は弁護士費用もご両親からお借りするので調査にあまり費用が掛けられない。

そこで当社のGPS(レンタル料無料)を依頼者にお渡してご主人の車に設置してもらい監視することに。依頼者には外泊が多い曜日を教えてもらい、外泊日に合わせて調査を実施することにした。

調査結果

話しの内容から女性宅に上がりこんでいる可能性が高かったのでGPSで監視していると、ご主人の車が住宅街に停車。現地に向うとコインパーキングに駐車されている車を確認した。

その日は確認するだけにして後日、本調査として外泊する曜日に合わせてコインパーキングで張り込んでいるとご主人が車で女性と現れアパートの一室に入ったので、暫く様子を見て調査を一旦中断、ご主人の出勤時間に合わせて朝から再開することに。
女性に見送られて出掛けるご主人を確認し、女性宅で寝泊まりしている証拠を撮影した。

調査のポイント

依頼者に帰宅しない曜日をチェックしてもらい、GPSで出勤時間などのスケジュールを把握。

勤務先から調査をすると営業職なので直帰される可能性があり、かといって一日中尾行すると警戒されて証拠が取れずに調査が終わってしまう恐れがあったので依頼者にも協力してもらい1週間通して行動パターンや寝泊まりしているであろう場所を把握することで時間の浪費や空振りなどすることなく、最小限の費用で証拠を3回撮影することに成功した。

調査料金
調査員1名 6,000円×4時間×3日間+経費
合計74,000円(GPSレンタル料無料)




同僚と不倫している妻の浮気調査(調査員2名プラン)


調査内容

依頼者は30代後半の夫。30代前半の妻は都内の大手人材派遣会社に勤めており2人の間にお子さんはおらず、依頼者はそろそろ子どもが欲しいと思っていたので相談すると仕事が忙しいからと子供を作ることを拒否された。

それから妻の態度はよそよそしくなり、帰宅時間も残業といい遅くなることが増えていった。
ある日、何気なく妻のバッグを見ると中から避妊薬やレストランの領収書が見つかり、浮気していると確信した依頼者は調査を依頼することになった。

調査方法

妻の休みは土日祝日で金曜日が残業といい帰宅が遅いので金曜日に調査を実施することに。勤務先があるオフィスビルは地下から駅に直結しており、出入口も複数箇所あるため、朝、出勤時の服装や通勤ルート(事前調査として無料)を確認することに。

通勤ルートやオフィスビルに入る出入口が分かったので調査を一旦中断して退勤から調査を再開。二手に別れ出勤時に利用した地下直結出入口と、タクシーに乗る可能性もあるので1階の出入口で張り込むことにした。

調査結果

妻は同僚とみられる男性と一緒に駅直結の出入口からオフィスビルを出ると電車で移動。繁華街の居酒屋を利用した後、ラブホテルに入ったので証拠映像を撮影。その後、駅で別れたので男性をマークし自宅を判明させた。

調査のポイント

妻の勤務先があるビルは大型複合商業施設で本来、出入りを確認するのであれば最低でも調査員4名は必要だったが出勤時の服装や出勤ルートを確認することで2名での対応が可能になった。

その後、不倫相手は同僚と判明。妻は依頼者と別れて男性と一緒になることを考えていたらしく、依頼者は慰謝料請求と離婚することを決意した。

調査料金
調査員2名×6,000円×7時間(朝の2時間事前調査として無料)+経費 合計87,000円




交際3年の彼氏の行動調査(定額プラン)


依頼者は30前半の女性。交際3年目の同棲している彼氏が最近、無断外泊や帰宅が遅くなることが増えてきており、自宅から身に覚えのないマンションの賃貸契約書や空の領収書が大量に出てきた。

不審に思った依頼者は結婚の判断基準にしたいということで依頼に至った。

調査方法

彼氏は大手ネット広告会社に勤務でイベントなどの外回りに出ることも多いが協力者が同僚にいてスケジュールを把握することができるのでその日のスケジュールに合わせて調査を開始することにした。

依頼者は月~金の1週間調べてほしいとの要望だったが予算をあまり掛けられないため、定額プランを提案
1週間のスケジュールや出勤時の服装や持ち物を教えてもらい、直帰や同僚男性と出掛けた時は調査員の判断で調査を打ち切り、怪しい動きをした日に調査を続行した。

調査結果

1週間調査をした結果、自宅と勤務先の往復だったが、2回ほどとあるマンションに入っていった。

表札も郵便物もないので内偵した結果そこは無許可営業のメンズエステ店で特定のスタッフと懇意にしており、自宅にあった大量の領収書もそこでもらい勤務先に不正に経費を請求している様子であった。

同僚曰く不正請求の話は社内でも噂になっていたみたいで、調査結果を見た依頼者は別れることを決意した。

調査のポイント

イベント会場など出入口が複数箇所あり、人の出入りが多いところだと調査対象者の確認が難しいので出掛ける際の服装や持ち物を依頼者に教えてもらい、何も結果が得られなさそうな日は早々に調査を打ち切り、効率よく調査を行った。

ただし、浮気相手が勤務先の同僚や近所に住んでいる場合があるので調査を打ち切る判断は長年の経験が必要であり、判断を見誤ると何も結果が得られないことがあるので注意が必要だ。

調査料金
通常は調査員2名×6,000円×45時間(5日間)+経費で540,000円以上かかるところが
1日経費込み5万円×5日間の
合計250,000円で抑えることができた。




20年以上不倫を続ける夫の浮気調査(1か月プラン)


調査内容

依頼者は50代後半の主婦。結婚20年の夫が結婚当初から不特定多数の女性と不倫を続けており、浮気を知ったときは子供がまだ小さかったので我慢してきたが子供も成人したので慰謝料を請求して離婚するため、調査に踏み切った。

ご主人は会社経営で比較的自由で、自宅も不在にすることが多くいつ不倫しているかまったくわからない。相手女性の情報もほとんどなく、飲み屋で知り合っているのではないかとのこと。

唯一の情報がカーナビの履歴からとある場所に行っていることがわかった。

調査方法

お金の管理はご主人がしており、依頼者は毎月の生活費程度しかもらえないのであまり予算が掛けられない。

ご主人は車で移動することが多く、飲みに行っても代行タクシーで帰ってくるので依頼者に当社のGPS(レンタル料無料)をご主人の車に設置してもらうことに。

GPSで監視をおこないカーナビ履歴があった場所に向うなどの怪しい動きをする日に調査を実施することにした。

調査結果

一カ月間GPSで監視した結果、ご主人はほとんど仕事や飲みに行っている様子であったが、平日の昼間にカーナビ履歴があった近くのラブホテル付近に車が停まった為、調査員は急行することにした。

ラブホテルの駐車場に駐車されているご主人の車を確認、その後、30歳前後の女性とエントランスから出てくる証拠映像を撮影し、不倫相手の自宅を判明させた。

調査のポイント

ご主人の行動はまったくわからないのでやみくもに調査をすると時間だけ無駄に使ってしまい、最悪の場合は費用が高額になっても証拠が取れずに調査が終了してしまう場合があるので、GPSで行動を把握することで費用を安く抑え証拠を撮ることができた。

また、行動パターンを把握することである程度怪しい日を予測することや、嘘をついているか事実確認することができる。 その後、女性の勤務先はご主人がよく飲みに行くクラブで、お客として知り合いパパ活で付き合っていることが判明した。

調査料金
調査員2名×6,000円×7時間+経費
合計87,000円(GPSレンタル料無料)




警戒している妻の浮気調査(調査員3名バイク2台プラン)


調査内容

依頼者は小学生と保育園の2人のお子さんがいる30代半ばの夫。同年代の妻とは元々共働きで保育園の子どものお迎えは交代制にしていたが、3、4か月前くらいから残業が増えたと言って迎えにもあまり行かなくなった。

おかしいと思った依頼者が妻のスマートフォンを見たところ特定の男性と親密なやり取りをしているLINEが見つかった。依頼者は子どものことを顧みなくなってきた妻が許せず、今後のことを考えて依頼に至った。

調査方法

依頼者は妻のLINEの内容を見ることができるので、相手と会う約束をしている日を特定してもらい調査日を決めることに。

問い詰めなどはしていないが妻の性格から警戒心が非常に強いとのことと、LINEの内容から相手は車で迎えに来ているようなので、
バイク2名、徒歩1名の計3名で実施することにした。

調査結果

依頼者の言う通り、妻は仕事と言い朝の出勤時間に出掛けると周りをキョロキョロと警戒しながら電車でだいぶ離れた駅まで移動。

駅から出ると迎えに来ていた車に乗り込んだのでバイクで対応、そのままビジネスホテルを利用したのでチェックインと同じ客室に出入りする証拠を撮り、その後、男性の自宅を判明した。

調査のポイント

依頼者には問い詰めなどせずに普段と変わらない生活を送ってもらったが、調査当日の妻は周りを見回すなど知り合いがいないか気にしている様子であった。

自宅からかなり離れたところで男性と会っていたのも知り合いにみられないようにするためだと思われ、どこに車が迎えに来るかわからないので徒歩班とバイク班は常に連携を取り合い慎重に調査をすすめた。

対象となる人物が警戒している場合、尾行しているのが気づかれると会うのをやめたりホテルに入ってもチェックインせずに出てきてしまう可能性があるので人員や車両を増やして認識されないようにしつつ、尾行を継続できるようにした。

調査料金
調査員3名×6,000円×12時間+経費
合計224,000円(車両代無料)



無料相談はこちらから

ひとりで抱えこまないでください。
初めての方でもまずはお気軽にご相談ください。
(24時間受付)

045-332-1236

LINEで相談 電話で相談 メールで相談


 

365日/24時間受付

LINEで相談 TEL