customs夫の風俗通いを理由に慰謝料は請求できるのか?




横浜市内で浮気調査専門の探偵事務所をお探しの方へ。

風俗通いや風俗嬢に入れ込んでいる浮気調査のケースがあります。

風俗だからと軽い気持ちでお考えの方もいらっしゃいますが、風俗でも肉体関係になれば不貞行為に該当します。

付き合いや仕事の接待だからと言っても妻の立場からすれば、夫が別の女性と性行為をすることなど、耐えがたいことです。

懇願しても夫が風俗通いをやめない場合は法的離婚事由に該当して、離婚や慰謝料の請求ができる可能性があります。

夫の風俗通いや風俗嬢との浮気にお悩みの方は参考にしてみてください。



風俗通いで慰謝料は請求できる


法律上、夫婦になるということは一種の契約を結ぶということで、その契約内容に貞操義務があります。

貞操義務とは配偶者以外と性的関係を持ってはならないという義務で、不貞行為(性行為、または性交類似行為)を行うということは貞操義務違反になります。

夫や妻が不貞行為をした結果、夫婦関係が悪化し、それによって精神的苦痛を被った配偶者は慰謝料を請求することができるのです。

ちなみに性交類似行為とは手淫や口淫(オーラルセックス)をすることです。

日本の風俗では性行為は法律上禁止されているので風俗通いしているからと言って、不貞行為があったとはいいきれません。

しかし、ソープランドのような性行為が行われている店や、ファッションヘルスのような性交類似行為が行われている店もあるので、風俗での不貞行為を証明するには利用した店のサービス内容を調べることが必要です。



不貞行為がなくても慰謝料や離婚請求はできる


慰謝料請求が可能な不貞行為とは、配偶者以外と性行為や性交類似行為をすることとされていますが、不貞行為がなければ慰謝料が請求できないというわけではありません。

夫の風俗通いが原因で夫婦関係の悪化、夫婦間でのセックスレス、家計に著しく影響が出ている場合であれば法的離婚事由の「婚姻関係を継続し難い重大な事由」として慰謝料や離婚が認められる可能性があります。

婚姻関係を継続し難い重大な事由とは一般に婚姻生活(夫婦関係)が破綻し、回復の見込みがないことをいいます。

裁判で離婚や慰謝料を請求することが可能な離婚事由は以下の5つです。

・不貞行為
・悪意の遺棄
・生死が3年以上明らかでない
・強度の精神病にかかり、回復の見込みがない
・その他婚姻関係を継続し難い重大な事由



慰謝料請求するには証拠が必要


夫の風俗通いを理由に慰謝料を請求するためには、風俗に行ったことを証明する証拠が必要です。

一般的な不貞の証拠としては不倫相手と肉体的関係があることを証明するために、ラブホテルなどの宿泊施設に出入りしている写真です。

風俗店の場合は、ソープランドやファッションヘルスなどの性交渉などを提供する店を継続して利用したことがわかるものであれば、不貞行為があったという証拠になりえます。

ただし、性交渉を提供する風俗店の利用が1、2回ほどと限定的だった場合は婚姻関係が破綻するほどの不貞行為と認められない可能性があるため、継続的に利用している証拠を集める必要があります。

集める証拠は以下になります。

・利用した風俗店のサービス内容
・継続的な利用がわかる風俗店の会員証
・風俗店に出入りしている写真



風俗嬢に慰謝料を請求するのは難しい


風俗嬢は性的サービスを提供することが仕事で、自由意思で肉体関係を持ったとは考えられにくいです。

業務での性行為について、風俗嬢への慰謝料請求の裁判の判例は二通りの結論がでています。

一方は業務上の性的サービスであっても、相手が既婚者と知ったうえで性交渉を行えば慰謝料請求が認められるという考え方。

一方は風俗嬢の性的サービスは業務上の行為であるため、夫婦関係を破綻させるに至る不貞行為には該当しないという二通りの考え方です。

慰謝料請求ができないわけではありませんが、裁判でも結論が二分されているので、風俗嬢への性的サービスによる慰謝料請求は難しいと考えられます。

ただし、客と風俗店の従業員という関係ではなく、お店の業務とは関係ないところで会い、金銭のやりとりがなされずに性交渉をしたケースでは相手に慰謝料を請求できる可能性があります。

店外で私的に会って性行為を行っていれば、それはただの不倫と変わりませんので相手にも慰謝料を請求することができると言えます。



まとめ


軽い気持ちで風俗店に行っても性的サービスを受ければそれは不貞行為であり、離婚の原因になるものです。

男性はお金を払って性的サービスを受けているだけで気持ちがないから浮気ではないと主張するかもしれませんが、妻からすれば決して気持ちのいいことではありません。

風俗嬢といえ見ず知らずの女性と関係を持てば嫌悪感や不潔感を抱いてしまい、離婚するには十分な原因になりえるからです。

また、特定の女性と親密になれば店外などで会うようになり不倫関係に発展するケースもあります。

パートナーの風俗通いや風俗嬢と浮気しているのではないかとお悩みであれば、一度ご相談ください。




無料相談はこちらから

ひとりで抱えこまないでください。
初めての方でもまずはお気軽にご相談ください。
(24時間受付)

045-332-1236

LINEで相談 電話で相談 メールで相談


 

365日/24時間受付

LINEで相談 TEL