Affair Solatium evidence不倫の慰謝料を請求するのに必要な証拠とその集め方とは?




昨今は以前に比べ出会いも様々になってきました。 一昔前といえば不倫相手で多かったのが学生時代の同級生や職場の同僚などでしたが、インターネットの普及によって出会い系サイト、SNS、ネットゲームのオフ会、マッチングアプリなど多様化してきており、それだけ出会いの場も増えてきました。

優位に離婚したいのか、相手に慰謝料を請求したいのか、それとも関係を修復したいのか、など様々な目的によって必要な証拠も違ってきますので掴んだ証拠の有効的な使い方と、その証拠の集め方をお話ししていきますので、少しでも参考になればかと思います。



不貞行為で慰謝料を請求するには


民法709条、710条において不法行為をしたものは被害者の受けた損害を賠償する責があると定められており、不法行為をしたものは損害賠償義務を負い、被害を受けたものは慰謝料を請求する権利があります。

民法上で不貞行為は婚姻という契約において課された貞操義務に反した不法行為にあたり、損害賠償義務を負うことになります。

ただし、相手側が不貞行為があったことを否定した場合は不法行為があったことを証明しなければならず、配偶者と不倫相手に肉体関係があったと証明する証拠が必要となります。


使える証拠と使えない証拠


せっかく証拠を掴んだとしても、それが法的に何の効力も持たなかったら意味がなくなってしまいます。証拠を有効活用するためにも、この項目はぜひ読んでみてください。意外と知らないことがあるかもしれません。


相手との交渉で役に立つ浮気の証拠


法的に効力をもつ証拠とは、不貞行為をしていたという証拠です。つまり肉体関係があったかどうかになります。しかし、この肉体関係は1度だけでは不貞行為と見なされない場合があります。そのためには次のような確実な証拠が必要となります。

①ホテルで一緒に宿泊したことがわかる写真や動画

一般的に男女が2人きりで同室に一泊したという事実があれば性交渉があったと推測され、ホテルに出入りしている写真や動画は不貞行為の証拠として認められる可能性が高いでしょう。特にラブホテルであれば証拠としての価値は高いです。

ただし、1回程度の浮気の証拠では一時の気の迷いというように言い逃れをされてしまって法的に不貞行為と見なされないことがありますので、継続して不貞行為があったと示すためにも、複数回のラブホテルへ出入りした証拠があったほうがいいでしょう。

②不倫相手の自宅へ出入りしている写真や動画

ラブホテルは立ち寄った目的が明確ですが、マンションやアパートだと性行為をしたと立証しづらいので、親密な関係性を証明することが必要になってきます。なので、マンションやアパートに定期的に訪れてある程度の時間滞在や、宿泊した証拠が必要となります。


裁判では使えない証拠


先ほど説明したものが証拠として有効ですが、逆に肉体関係を証明できないものは裁判では証拠として認められません。

①携帯電話やパソコンでの不倫相手とのSNSやメールとのやりとり

相手との待ち合わせの約束や「愛している」などのメールでの内容は、写真などを撮って記録に残しておけば言い逃れができない材料の一つになりますが、肉体関係を証明できるものではありませんのでそれだけでは証拠として認められません。

②不倫相手とのツーショット写真

たとえキスや腕を組んでいる写真でも不貞行為とはみなされにくいです。

③シティホテルや宿泊施設の領収書

シティホテルに一人で泊まったと言われてしまうとそれでまかり通ってしまいます。

法律的に認められている証拠というのは限られてきてしまいます。一般の方が稀に自分で証拠を撮ろうとしますが、失敗して相手に警戒心を与えてしまうこともありますし、せっかく証拠を集めたのに裁判で使えない場合もあります。

浮気の証拠の収集方法





探偵会社に依頼する


専門業者に任せる。ようは探偵会社に依頼するということです。やはり一般の方はどういったものが証拠になるのか、また、裁判資料の作成方法などわからないこともあるかと思います。

ただ探偵会社だからと言って確実に証拠を揃えてきてくれるわけではありません。なかには、何でも屋や詐欺会社のように高額料金を請求するだけでほとんどなにもしてくれないような会社もありますので、業者に依頼する場合は慎重に選ぶことをお勧めします。


自分で証拠を集める


自分で証拠収集する場合、無理は禁物です。相手に証拠を集めていることがバレてしまうと、尻尾をださなくなる恐れがあります。なので気づかれないように注意を払って次のことをしてみるのもいいでしょう。

帰宅時間や外出時間の記録をつける

クレジットカードの明細や領収書の確認をする

メール、SNS、通話履歴の確認をする

インターネットの検索履歴を確認する

インターネットでのホテルなどの予約状況を確認する

カーナビの検索履歴を確認する

スマホなどのGPS情報を確認する

カーナビの検索履歴を確認する


交通系ICカードの利用履歴を確認する

ドライブレコーダーの録画を確認する

ICレコーダーで録音する


これらを確認することによって、相手の行動パターンがわかり、普段どこで浮気相手と会っているのか、1週間にどれくらい会っていて、相手がどの辺に住んでいるのかなど、推測することができます。

ある程度のことが絞られてきたら、ご自身か友人にお願いしてある程度の証拠を集めることができるかもしれません。

ある程度証拠を集めておけば、もし探偵会社に依頼したとしても低料金で済むことでしょう。

ただし、相手に一度でも気づかれてしまうと浮気の隠し方が巧妙になり警戒心を持つと探偵業者に依頼しても証拠を抑えるのが困難になって逆に高額な料金がかかってしまうかもしれませんのでご自身で証拠を集めるのは細心の注意を払う必要があるでしょう。


証拠の有効的な活用方法





離婚したい場合


離婚したいと思っている方は、証拠を慰謝料請求する際に活用しましょう。慰謝料を請求するには法律的に認められなくてはならないので、不貞行為があったことを証明しなければいけません。

法的に有効な証拠が揃ったら次は慰謝料の交渉ですが、交渉の基本は次の3つです。法的に有効な証拠が揃ったら次は慰謝料の交渉ですが、交渉の基本は次の3つです。

離婚したい旨、証拠があること、慰謝料を請求することを告知する

具体的な証拠は伝えない

相手からの条件提示を待つ


証拠があってもすぐに相手に伝えてしまうのはやめたほうがいいでしょう。相手にとって知りたいのはどのような証拠をどの程度掴まれているかということです。切り札を見せないことによって相手は思わぬ自白を得られることもあります。

慰謝料の相場としてはだいたい100万~300万位ですが浮気の頻度や期間などで金額が決まってきます。

知らない浮気の事実を自白させることで慰謝料が増額する場合がありますので、証拠は切り札としてとっておきましょう。切り札を提示するときは、相手が浮気の事実を認めないときや、調停・裁判に至ったときです。

また複数の証拠をもっているのであれば小出しにすることをお勧めします。小出しにすることでより優位に立って慰謝料の交渉をすることができるかと思います。

交渉が苦手な方は弁護士にお願いするのも手かと思います。どのように交渉を進めれば慰謝料の増額が見込められるか熟知していますのでせっかくの証拠も台無しにすることもなくなります。


離婚したくない場合


実は浮気の証拠は離婚を避けたいと思っている人には絶大な効果を発揮します。離婚の原因を作った側(有責配偶者)からの離婚請求は拒否できるからです。

簡潔に言うと「浮気をしている相手からの離婚は基本的に認められない」と法律が定めているからです。

証拠がないと「性格の不一致」を理由に離婚を迫られ、浮気相手にパートナーを奪われてしまう可能性があります。そうならないためにもお守りとしてしっかりと証拠を確保しておくことをお勧めします。

終わりに


離婚をするにしても、しなくても証拠は抑えておくことは大事です。事実を知ることによって精神的にも楽になることもあり、最悪な事態を回避する手段ともなり得ます。

なにより自分と自分の大切な子供を守る手段にもなりますので今、悩んでいる方は勇気を持って相談することをお勧めします。



無料相談はこちらから

ひとりで抱えこまないでください。
初めての方でもまずはお気軽にご相談ください。
(24時間受付)

045-332-1236

LINEで相談 電話で相談 メールで相談


 

365日/24時間受付

LINEで相談 TEL