Stalker taisaku自分でできるストーカー対策とは?




横浜市内でストーカー対策が専門の探偵事務所をお探しの方へ。

ストーカーから身を守る為には自分自身でも対策をとることが大事です。

日頃から気をつけることでストーカー被害に遭うリスクを少しでも減らすことができますので是非参考にしてみてください。


戸締りはしっかりとかける

外出時は当然のこと、在宅時でもドアチェーンをしっかりとかけ、訪問者の応対にはドアスコープから覗いて確認したあとにドアチェーンを掛けた状態で出るようにしましょう。


部屋の明かりが漏れないようにする

ストーカー犯に在宅確認されない為に部屋のカーテンは完全遮光タイプのものにしてドアスコープもレンズカバーを取り付けて部屋の明かりが漏れないようにしてください。

また、帰宅した際に部屋の明かりをすぐに点けない、もしくは遮光カーテンをしっかり閉めたうえで明かりを点けることによって部屋の位置を特定されるリスクが減ります。




※リバースドアスコープで外からドアスコープを覗くと室内の様子が確認できる防犯グッズですがこれを悪用した犯罪も増えています。

除き防止にドアスコープにレンズカバーを取り付けることをおすすめします。


合鍵を作らせない

合鍵は鍵番号から簡単に作ることができます。

鍵カバーをつけて合鍵を作られないようにすることや鍵自体に防犯性が乏しい場合は防犯性が高いものに交換しましょう。


毎日同じ道は通らず、遅い時間宅の帰宅は避ける

ストーカー犯からの待ち伏せやつきまとい行為から回避するためには、通勤や通学路は同じ道を通らずに日によって変えるようにしましょう。

万が一、身に危険が迫るようなことがあったときのため、すぐに助けや逃げ込めるように人通りや店などがあるところを選んで通るようにしてください。

仕事などで帰宅が遅くなってしまった場合はタクシーの利用やご家族に迎えに来てもらうようにしましょう。


郵便物を盗れないようにする

郵便物を抜き取られると個人情報が色々知られてしまうことがありますのでポストは鍵付きにして郵便物は毎日取るようにしてください。

ドアポストは防犯カバーを取り付けることによって盗撮などを未然に防ぐことができます。


ゴミの出し方に気をつける

ゴミを出すときは個人情報が記載された手紙などはシュレッダーにかけ、内容がわからないようにしてから捨ててください。

また、出したゴミを盗まれないようにゴミの回収時間に合わせて出すように心掛けましょう。


1人暮らしだとわからないように装う

恋人と同居しているかのように洗濯物に男性もの下着などを混ぜたり、靴や傘を使って1人暮らしだとわからないように装うことも大事です。

また周囲にも1人暮らしであることは極力伝えないようにしてください。

もし個人情報がわかるようなマーキングを表札などにされている場合は修正ペンなどで消すようにしましょう。




※マーキングとは訪問販売員や空き巣が住人の個人情報が簡単にわかるように郵便ポストや表札などに記号や印をつけることです。


W:独身女性が住んでいる
S:1人暮らし
R:住人が留守(8‐19R:8時から19時まで留守)

SW20 8-19Rとマーキングされている場合、20代女性1人暮らし 8時から19時まで留守という意味です。


SNSで個人情報を書き込まない

SNSやインターネットにブログや写真の投稿をするとどんなに気を付けていても氏名・自宅・行動・立ち回り先・交友関係などを特定される恐れがあります。

現在、ストーカー被害に遭っているのであれば犯人が身近な人物や近くに住んでいる可能性もあるので投稿は控えましょう。


防犯カメラを設置する

防犯カメラを設置することでストーカーに対しての抑止力にもなります。

また、撮影した動画や写真はストーカー行為の証拠になりますので保管しておいてください。


引越しする

ストーカーに自宅や職場を知られてしまっているようであれば、最悪の事態を未然に防ぐためにも一時的に非難することや引っ越しも検討してください。

また、引っ越した際にストーカー被害による住民基本台帳の閲覧制限をかけることができますのでお住いの市区町村に相談してください。


まとめ

日頃から気を付けることでストーカー被害に遭うリスクを下げることができます。

ただ、自分でできる範囲には限界があります。もし、誰かにつきまとわれているかも?と思ったらすぐに警察を頼ってください。

些細なことでも相談しておけば、警察の記録に残りますので、今後もしなにかあれば対応が早くなります。

「私に限って」や「気のせい」で済ませるのは大変危険な考え方です。

少しでも身の回りで変わったことやおかしいと感じることがあれば、大袈裟でも構いませんので自分一人で抱え込まずに警察やご家族に相談することをおすすめします。




無料相談はこちらから

ひとりで抱えこまないでください。
初めての方でもまずはお気軽にご相談ください。
(24時間受付)

045-332-1236

LINEで相談 電話で相談 メールで相談


 

365日/24時間受付

LINEで相談 TEL